25キロ地点経過

経過時間:約6時間31分

 

 宮路さんは、リタイアを選ぶことなく、前進していきます。

 しかし、前半の快調すぎるペースが嘘のようです。杖を持つより、奥様の肩を左手で把持して歩く方が楽だとおっしゃり、23脚で歩数を重ねていきます。

 現地時間では、もうお昼の12時近くになります。

 

 ハイウェイを降りてから、ハワイカイに沿って歩きますが、他のランナーは全く見えません。残りの距離がプレッシャーとなり、3人で歩いているものの、他のランナーが見えないことで、孤独感も感じました。奥様や私の「1212」‥・という掛け声に、宮路さんが「ヨイショツ・・」とあいづちをうつように声をだす。

 これの繰り返しばかりで、いつのまにか雑談することははとんどなく、ただ黙々と前進することに集中していました。

 

<30キロ地点へ>