完走内容について


 インターネットや携帯電話でのアクセスからレース状況を確認していただいたとは思いますが、途中、35キロ・40キロ地点の通過が、上手に更新されていなかったかもしれません。

 

 だって・・・しょうがないです。

 

 なぜなら、コースを誘導してくれる目印はほとんど撤収されていたのですから。(・・・遅すぎて)

 

 ホノルルマラソンを開催するにあたって、毎年ボランティアの方々の協力を得ているそうですが、中には雇われて協力してくださる人もいるとか・・・。

 約3万人が参加する大規模な市民マラソンですから、レースを支えるためにはたくさんの人員を確保する事が必要みたいで・・・。なので、ある程度の時間が経ち、ランナーがレースを終了すると、そそくさとマラソンコースを撤去してしまうそうです。

 タイム更新がされていなかったことも、通過地点にあるポイントを撤去されてしまったためでしょう。

 

 そんなことから、日本で応援してくださった皆様方には、一体どんなレース内容だったのか、全くわからないと思います。

 

 なので、マラソン内容を振り返りながら、ご紹介していきたいと思います。